https://ryunosukeblacksurvivor.com

バイク

【ウ○コ化】MT-09やGSX-S1000は日本人向けじゃない

「最近のバイクはどれも乗りやすくてイイ!」
「乗り手を選ばない番人受けのバイクだね!」
「バイクの電子制御はなきゃ乗れない!」

結論から言おう

ウ○コ化したバイクの
何が楽しい?

トラコンやパワーモード、ローンチコントロール…

2010年代から人間の域を超えたレーサーバイクの登場から、

市場にも電子制御を搭載したバイクが販売されるようになった。

ついでに、日本のバイク市場は人口の減少とともに

顕著になり、国産バイクのメーカーは

海外の市場を狙ったバイクを作らなくては

採算が取れない時代になった。

ウ○コ化したバイクが市場に溢れ出したのは

2014年のことである。

ヤマハのMT-09の新登場、逆輸入モデルのGSX-S1000、

カワサキ(Z800/Z900)やホンダ(CB1000R)もこぞって逆輸入バイクを

国内規制に合わせて投入したのがスタートである。

MT-09は日本の市場を考えていない

MT-09が登場してから初期型に試乗した記憶がある。

乗りやすかった
記憶しかない。

初の大型バイクにZX-6R SEを契約したのちに、

MT-09に試乗して驚いたのだ。

何も考えずともアクセルを開ければ

バイクが走ってくれると。

販売された当初のレビューを見ていると

「すぐにリミッターに当たってつまらない!」
「峠、サーキット、ツーリング、どこでも走れる」
「初のステップアップにおすすめ!」

そんなレビューがバイク雑誌にツラツラと書いてあった。

ぜべる

何も分かっていない当時の自分なら

MT-09試乗してたらZX-6Rはなかったね。

だが、「欧州向け」の文字が書かれていた。

欧州向けのバイクとは

・安い
・速い
・高速でもしっかり曲がる
・カウルがない
→格安ストリートファイターを作れ

ドイツにあるアウトバーンで、

制限速度のない道をかっ飛ばして、

週末をリフレッシュするためのコスパバイク。

つまりは、日本受けではなく世界中に受けるバイクである。

万人受けのGSX-S1000

https://twitter.com/fowlersbikes/status/1392887791189696514?s=21

次に2021年の6月に発売される

モデルチェンジしたGSX-S1000はどうだろうか?

ウ○コ化が止まらないようだ。

スズキのバイクの特徴は、

馬力の高さ、乗りやすいトルク、

同じ900~1000ccクラスの排気量では1番のコスパ。

ぜべる

レーサーモデルもどれも

クラスではホンダに次ぐ乗りややすさと

とにかく車体価格が安い。

このスズキのバイクの販売戦略は昔から

変わっていない。

結論、財布に優しいからウケている。

調子に乗ったリターンライダーが死ぬバイクも

GSX-S1000が1番多い。

電子制御に任せきりで

いざ抑えきれない挙動をしたときに

対応できないのも無理はない。

万人向けのバイクの欠点とは

ライダーの技量が育たない。
技量が必要とされないこと。

昔のバイクにあったマシンの性能を

「走る、曲がる、止まる」

この限界を身体で覚えて走った頃とは違う。

万人受けのバイクは

ライダーを退化させるのだ。

本当にイイバイクを評価できるライダーになれ

私が評価するバイクたちとは

1990~2000年代に生産終了されたバイク、

完熟したバイクである。

レーサーレプリカ、キャブレターのビッグネイキッド。

あの世代のバイクたちこそ、

真にライダーを選び、ライダーを育てるバイクだ。

・剛性が鬼高い
・パンチのある加速
・思った通りに曲がらない

扱いにくくて、苦労して分かった乗り方。

リヤタイヤに近く座り、ニーグリップを決めて、

コーナーを切り返してアクセルを開ける。

自分だけの走るラインが見えた瞬間に

バイク乗りとしてやっと峠を攻めれる。

そんな大事な感覚を、万人受けのバイクは

最新装備ですべて誤魔化してしまう。

MT-09やGSX-S1000を乗った後に着く未来

MT-09やGSX-S1000を乗ったライダーの待ち受ける未来とは、

バイクが何かわからない

という未来だ。

バイクメーカーが凌ぎを削って作り上げた

本当にいいバイクを知らずに

バイクだけ、乗り物だけが走ってしまうと

バイクはただの景色を見るツールだ。

バイクはバイクであって車じゃない。

2017年前後から参入したライダーは

周りからのビジュアル意識が高く、

ある男性

古くてダサいバイクがイヤだ!

そう言って

・ほどほどに走って
・インスタ映えして
・フルカウル

カワサキのNinja250やヤマハのYZF-R25といった

中古のバイクを買って乗り回す。

2~3年が経って、物足りず大型二輪の免許を取って、

万人受けのバイクを選んで乗る。

そして、永遠のバイクの乗り換え沼にハマって

答えの見えないバイクライフにハマる。

ライトなバイク乗り層へ

この問題に対する答えは一つだ。

本当にいいバイクを乗って
1台を愛でよ。

レーサーレプリカはプレミアがついてるので、

手に入れやすい00年代のビッグネイキッドをおすすめする。

部品も多く後年まで作られた車種を上げるなら

ZRX1100/1200やCB1300(VTEC廃止前)に乗ろう。

ライダーがバイクに支配されるのではなく

ライダーがちゃんとバイクを操ることで、

真のバイクライフはスタートする。

新しいバイクが「スゴい!イイ!」

としか言えない人間になるな。

本当に価値のあるバイクに乗って

バイクを語れ。

ぜべる@バイクブロガー

  • この記事を書いた人

ぜべる

愛車はハーレーのロードグライド 最難関の愛知の平針で大型二輪を1発ゲットの1/100のレア人材。 バイク屋で下積み/鈴鹿4耐参戦、バイク歴で6台600万円以上をバイクに貢いだ豊富な失敗でバイク初心者向けに発信します。 検索エンジンから5000pvのぜべるバイクブログです。 詳しくはプロフィールまで。 バイク歴:ZZR250('91)&ジェベル125('93)→ZX-6R SE('15ak)→CRF250L('15無限仕様)→EX-4('94)→FLTRX('18)

-バイク
-, , ,