ドライマスターライディングシューズのレビュー【5年目の真実】

「RSタイチのドライマスターライディングシューズってどうなの?」
「elfのシンテーゼ13とRSタイチのドライマスター、どっちがいい?」
「履いてみてRSタイチって本当にいいの?」

バイク用のライディングシューズで、価格帯で悩む商品があるならば、

・elf シンテーゼシリーズ
・RSタイチ ライディングシューズ

この二つに絞られます。

なぜなら、2万円前後で買えて、

見た目や安全性能で同格の商品だからです。

この記事では、

最初にelfのシンテーゼ13を3年、

RSタイチのドライマスターを

5年(今も)履いている私が、比較レビューを書きます。

結論から言えば、

elfのシンテーゼの勝ちです

スコイコのシューズもオススメです!

ココがアカン【RSタイチ:ドライマスターライディングシューズ】

結論から言えば、シフトガードと防水が

1年でダメる上にムレます

シフトガードが弱い

前に乗っていた6RとCRF250L、

EX-4の時と国産バイクに乗る時は、

フトガードが無くては痛いです。

エルフのシューズから買い替える時も

シフトガードは絶対に必要な装備でした。

週1回は必ずバイクに乗ってた。
前に使ってたエルフの方が長持ちした!

結果、上記の写真のように

1年でえぐれたような状態になりました。

対して、前に使っていたエルフは

3年使って、少しはエグれたけど、

RSタイチほどエグれることはありませんでした。

今は、ハーレーに乗り換えて、

シーソーペダルとなったため使うことはありません。

ドライマスターライディングシューズを長く使いたいなら、

シフトペダル側へカバーをつけておきましょう。

防水機能は1年でダメになる

14時間、台風の中を走ったらシューズの中が温泉になった。

今では5年目のRSタイチの

ドライマスターライディングシューズは、

購入から1年で防水機能は無くなりました

防水スプレーを振りかけても

元の防水機能は戻ることはありません。

防水が効かなくなると、

足の甲~足首のワイヤーのあたりから

ズブズブと濡れるようになります

バイクのフロントタイヤから跳ねた水が、

足めがけて飛んでくるからです。

この点、前のエルフのシンテーゼ13では

バックルでしっかりと閉じていたため、

足の甲から浸水することはなく、

足首から滴った水分で濡れてきました

狙ったかのように、
「RSタイチのブーツ用レインカバー」があるのなんでだろうね?
(勢いで買った)

夏場はムレる、乾きにくい

「ドライマスター」と名前が付いているのは、

防水・透湿素材を採用しているそうですが、

普通にムレます

確かにホールド感は、

エルフよりも生地に厚みがあってシッカリしてます

その分、湿気が逃げにくく、

夏場にドライマスターライディングシューズを履くとムレます

雨に降られた後に、自然乾燥しようとすると、

快晴で外に3~4日、置いてやっと乾燥します。

すぐに乾かして使いたいなら、

コインランドリーの靴用の乾燥機を

ガッツリ使うと乾きます

エルフのシンテーゼ13の時は

2日もあれば乾燥していました。

防水と透湿の両立は、無理!
私はオールシーズン履きたいからドライマスターにした。
寒い時期はバイク乗らない人は、
メッシュシューズにしよう!

BOAシステムはいい【RSタイチ:ドライマスターライディングシューズ】

以前に、エルフのシンテーゼを

3年ほぼ毎日はいて、デメリットは

バックル固定で毎回脱ぐのに時間がかかることでした。

比べて、BOAシステムで

カチカチと回すと閉まりワンアクションで脱げる機構は革命です。

寒い日や、コーヒー飲んで猛烈な尿意に襲われつつ、

帰宅しても、サッとトイレに駆け込めます(笑)

エルフと比べてどう?【RSタイチ:ドライマスターライディングシューズ】

カラーリングもElfの方がかっこいい!

結論から言えば、エルフの方が安くて

コスパがイイ、お買い得です。

足首はバックル固定で苦しいけど、

・雨の日も足首からしか浸水しない
・シフトガードがしっかりしてる
・夏場はムレにくい
・スッキリしたデザイン

セール時は安くなるのはelfだね!
ドライマスターの方は硬派な人向けかな?


合わせて読みたい記事はこちら!

\SCOYCOのシューズもいいぞ!/

\アライのコワモテのフルフェイス!/

\スタイルのターミネーター仕様!/

\バイクの失敗談3選!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事