ハーレーをゼッタイに抜けない【レブル1100の評判】

「ホンダのレブル1100は買いなのか?」
「レブル1100はハーレーよりお買い得?」
「レブル1100はハーレーを追い抜ける?」

ホンダよりレブル1100の新販売が
2020年12月18日に発表されました。

2021年の3月よりDCT仕様から順に公道を走ります。

そんなレブル1100を

ツーリングクラスのハーレーを乗る私が解説しています。

DCT仕様はバイクじゃねえ!

エンストしかける!
(他のDCT搭載バイクで不評すぎる)

【レブル1100評判】プロフィール

DCTのレブル1100に試乗しています。

レブル1100の簡単プロフィールはこちらです。

・通常モデルで110万円(税込)、DCTモデルは10万円プラスで120万円
・車体は本家の「ハーレー」パクリのブラックアウト仕様
・パワーは87馬力/7,000rpm、トルク10kgf-m/4,750rpm
・車重223kg
・シート高700mm
・シート下の収納が広い
・DCTモデル(オートマチック)がある
・ABS/クルーズコントロール/ライディングモード3つ(個別設定が可能)/電装系フルLED

DCTモデルいらない

特筆すべきはDCTモデルの存在です。

クルーズコントロールがあれば

DCTモデルが存在する理由が迷子です。

バイクは自分でギアチェンジして、

スピードをあげていくのが醍醐味です。

DCT、つまり「オートマチック」モデルの

存在理由がわかりません。

本家のハーレーですら

オートマチックモデルはありません。

バイクメーカーでは、

ホンダだけバイクでDCTを採用していますが、

「車のようだ!」と評判はよくありません

クルーズコントロールがあれば高速道路で、

スロットルの開度を保って走ってくれるし

DCTなんであるん?」というのが本音です。

DCTのラインナップを削って
トータルを安くできるのでは?

性能・装備に関して

パワーやトルクに関してはさすが

国産バイクの数値です。

1745ccのハーレーでさえ

実測で72馬力に対して、

レブル1100は87馬力あって十分に走ってくれます

トルクも10kgf-mと社外マフラーを装着すれば、

ドロドロ音がしそうです。

電子装備は、ハーレーは350万円以上の

上級グレードにしか

「トラコンとABS」つきません。

レブル1100にはABSをはじめ、

ライディングモード(トラコン、パワーモード、エンジンブレーキ)までついて

細かくセッティングできるのは強みです

【レブル1100の評判】ハーレー追い抜ける?

結論から言えば、

乗り物として追い越せても、

売り上げは追い抜けない

国産バイクの新車価格は3年で

半値の価値しか無くなってしまうため、

リセールバリューで損しています。

国産バイクは値段がガタッと落ちる。
降りる時に損したくないならハーレーよ?

110万円でノーマルモデルを買っても

3年後の下取り額はたったの55万円です。

ハーレーの中古車をググれば一眼でわかります。

リセールバリューの高いハーレーは、

国外での人気が高く、

輸出にも回せるために中古価格も高く、

価値が落ちにくいです。

もしも「やっぱ大型バイクいっときたいな!」と

レブル1100を買う前に、

ハーレーを選択肢に入れておきましょ!

レブル1100の評判まとめ

SNSでは外装すらツーリングクラスの

ハーレールックスが話題になっている様子。

本家ハーレーのストリートグライドとそっくりです。

本家のストリートグライド、
ざっと340万円します。

\まさかのホンダ純正アイテム/

ヤッコカウルw
いや、本家のハーレー乗れよ!

レブル1100のかっこよさに惹かれて、

免許や購入を決意する人も多い様子です。

ぶっちゃけ

ハーレーの方がタイヤの持ちが良いです。

1745ccでも1万キロ、タイヤ持ちます。

空冷Vツインエンジンならでは鼓動感があり、

何より売る時に高く買い取られます。

ホンダのこれまでに作ってきたスティードや

VT1300シリーズは数年で

販売中止になっています。

本家のハーレーに

勝てなかったからです。

結果的に中古価格も下落して、

あり得ない乗り出し価格の安さ

乗れるバイクの仲間入りです

バイクは降りる時もよく考えて選びましょうね。

このマイクロカウルはかっこいい。

合わせて読みたい記事はこちら!

\このシューズがハンパない!/

\ブラックスタイルを極めろ/

\コワモテのフルフェイスXD!/

\ZX-25R、ライダーさんの生の声!/

\バイクの失敗談3選!/

\新型「隼」の評判はいかに!?/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事